マンションを賃貸すべきか、購入すべきか、じっくり考えよう

ニュース

マンション経営に必要な資金調達方法

» 詳しくはこちら

エリア別の住宅の雰囲気

» 詳しくはこちら

即日入居可能なマンションのメリットは何?

» 詳しくはこちら

センスのいい街づくりを

» 詳しくはこちら

マンション経営で広告を打ち出すことのメリット

» 詳しくはこちら

仲介手数料無料の横浜不動産の探し方とは

» 詳しくはこちら

買うか?借りるか?これは大きな悩みどころ

今暮らしている物件についてこれから新居を購入しようか、それとも借りていく方向で考えるか迷っている方も多いと思います。いつか自分の城となる住居を持ちたいと考える人も多いと思いますが、維持費、メンテナンス費用、さらに税金などを考えると不安になることもあるでしょう。しかし毎月何万ものお金を払っても持ち家になるわけではないので、借りている状態ももったいないと感じてしまいます。
都市部に暮らしている場合、土地を持っている人なら住宅を建設するだけなので一軒家という選択肢もありますが、土地を購入して通学、通勤にもいい場所と考えると経済的にかなり負担が大きくなります。そのため、都市部に暮らす方がこれから住居を購入となるとマンションと考える方が多いですし、都市部では一軒家の賃貸物件が少ないので、借りるという場合でもマンションの選択が多くなるでしょう。
集合住宅の場合、維持費、メンテナンス費というのは共益費などで賄われ、その物件を管理している不動産会社や管理会社が行うので、その心配はなくなります。税金という面についても一軒家を保有するよりも少なくなるので、都市部に暮らす場合には、集合住宅を検討される方が多いと思いますが、問題は、借りるのか、それとも買うのか、という問題です。
これからどのようにしようか迷っている方にとって、買うか、借りるかという問題は非常に大きなことですが、メリット、デメリットを比較するのと同時に、この先、自分とご家族がどのように暮らしていくのかというライフプランも考慮することが必要でしょう。
個人、またご家族によって住居に関する価値観等も違いますし、家族構成が違えばもちろん将来についての考え方も変わってきます。買うか、借りるか、ライフプランとメリット、デメリットなどを考えつつ、後悔の無いように決めていくことが求められます。

メリット・デメリット、しっかり考えて比較しよう

マンションに暮らすという選択をした場合でも、賃貸するか、買うか迷う方は多いです。まず買った場合のメリットですが、将来、ローンを支払い終えれば自分の資産になるという事、所有していることで信頼度が高くなること、室内のリフォーム等共用部分以外はリフォームが可能という事、さらにローンが終われば老後は生活がかなり楽になるなど、メリットはたくさんあります。
デメリットを考えてみると、購入の場合、圧倒的に初期費用がかかるという事、また価値が変動する可能性が否定できない事等が挙げられます。マンションを買う場合、頭金を多く入れておく方がいいので、貯蓄されてから買う事を考える方は多いです。出来るだけ多く、と考えれば初期費用がかなり掛かることになります。契約の際にはこの費用を払う分だけ価値ある住居と判断していても、しばらくしてから価値が下がるような出来事が起こることも否定できません。
借りる場合のメリットはどのような面があるかというと、家族構成が変わったり、ライフスタイルが大きく変化する場合には、躊躇せず引っ越しを考えることができるという事、固定資産税や維持管理費用などが必要なく税という面で経済的負担が少ないという事、さらに将来的に不動産価格が上下した場合でも、経済的な影響を受けにくい事などが挙げられます。
ただどんな場合も支払い続けることが必要で、支払い続けることが出来ない場合、退去しなければなりません。この支払いについてはいつか自分の資産になるという事ではありません。賃貸の場合、壁に穴を一つ空けたいというだけでも大家、また不動産会社の許可が必要です。

将来設計を考慮した賃貸・購入を

ライフプランを考えてみると、また違う感覚が出てくるかもしれません。結婚されている方はお子さんが生まれるかどうかで将来設計が大きく変わってきますし、将来、ご両親と同居するかもしれないという場合にも状況が変わってきます。結婚されていない方も、結婚した時にどうなのかという事を考えなくてはなりません。お子さんが生まれる前であれば、将来的にどこかに引っ越したい、実家の近くに暮らしたいなどという考えを持っている場合、今は賃貸で過ごし、お子さんが生まれてから買う事を選択してもいいでしょう。
買う場合はどの年代で買うかという事も重要です。20代でマンションを買う場合、その先、50年くらいはそこに暮らすか、また将来買い替えするのかを考えた方がいいといわれていますし、40代で買う場合、20年で支払いを終えることができるかどうかを考える方がいいといわれています。20代はお給料もそれほど高くない状態だと思いますし、賃貸なら頭金などの初期費用を大きく出すため、どうしたらいいのか迷わなくてもすみます。住み替え、リフォームが必要なくらいに、この先、まだまだ長い人生が待っていますので、この場合、借りておいて30代になって余裕が出来てから、という方があっているのかもしれません。
40代になると資金的に余裕が出てくると思いますが、60歳まで、高齢になる前に支払いを終えておく方が生活に余裕を持てます。この先買い替えという事は考えにくいので、借りるという選択よりも買うという選択の方がいいと思いますが、20年で支払いきれないという場合、お子さんと経済的な面などを話し合うことも必要でしょう。

最新記事一覧

2018年02月07日
マンション経営で広告を打ち出すことのメリットを更新しました。
2018年02月07日
マンション経営に必要な資金調達方法を更新しました。
2018年02月07日
マンションを賃貸すべきか、購入すべきか、じっくり考えようを更新しました。
2018年02月07日
即日入居可能なマンションのメリットは何?を更新しました。
2017年08月03日
仲介手数料無料の横浜不動産の探し方とはを更新しました。
2017年08月03日
センスのいい街づくりをを更新しました。
2017年08月03日
人気不動産の魅力と特徴を更新しました。
2017年08月03日
エリア別の住宅の雰囲気を更新しました。

Copyright(C)2017 中古不動産の人気と横浜エリア別住宅の雰囲気 All Rights Reserved.